合同会社イシュメイル

くじら肉の一番うまい食べ方とは?

シンプルな食べ方で勝負できるか

 

職業柄、鯨肉の一番うまい食べ方についてあれこれ考えるのですが、行きついたのが玉ねぎのスライスと合わせて食べるのが一番です。

 

鯨肉はこういうシンプルな食べ方でも勝負できる食材です。

 

オニオンスライスは、酢を少々いれた水にさらすと強すぎる苦みが低減します。

残ったほどよい苦みは鯨ベーコンや赤肉のクセとの相性が抜群です。クセを抑えるというより、お互いの良さが昇華される感じです。

 白手物(しろてもの ベーコンやボイルうねす等)は辛子酢醤油につけて。辛子酢醤油については浅草のくじら料理の名店である捕鯨舩のマスターである河野さんも推しています。赤肉類(あかにくるい 刺身にする赤身肉)については、ワサビ醤油とオニオンスライスといただきます。玉ねぎの栄養成分アリシンの苦みがあるため、生姜醤油より丁度よいです。鯨肉のドリップすら、玉ねぎのスライスと一緒にすすりたくなるほどに旨く感じます。

 

 

くじら加工の老舗である㈱木の屋石巻水産からミンク鯨のボイル畝須と切り落としベーコンをご提供いただきました。

 

 

 

小さな気づきこそ

 

実は、あるスーパーマーケットでもオニオンスライスと鯨赤身の刺身盛りが商品化されていました。あらためて鯨肉全般との相性の良さに気が付いた次第です。店舗バックヤードでの商品化の工夫でお客様の評価の差は大きくでます。この再発見は、極めて重要と思いました。

 

 

関連情報

健康機能性に基づく魚食文化の創造再生 | 合同会社イシュメイル

合同会社イシュメイル

「合同会社イシュメイル」は、魚食の健康機能性を軸とした食文化の創造再生を理念とした会社です。現在、スーパーマーケット、生協、居酒屋チェーン、飲食店などのお客様に向けての様々なサポートを実践しております。また、「令和の広島かき」をはじめとした水産系素材のビタミンやミネラルといった栄養成分を活用したサプリメントの開発を行っております。

屋号 合同会社イシュメイル
住所 〒116-0014 
東京都荒川区東日暮里3-26-10
営業時間 平日9:00-17:00
定休日 土・日・祝日
代表者名 小泉 龍人(コイズミ タツト)
E-mail info@ishmael.co.jp

コメントは受け付けていません。

特集