合同会社イシュメイル

亜鉛は摂りすぎてはいけないの?

亜鉛入りサプリメントの摂取量目安は?年齢で飲み方は変わる?

 

 

 

亜鉛は日本人の食事摂取基準から、推奨量が決められています。下記の量を基準に、毎日の食事のメニューを考えましょう。こちらでは、男女年齢別1日の亜鉛推奨摂取量をご紹介します。亜鉛サプリメントを飲んでいる方は、年齢によって飲み方を変えることをおすすめします。

男女年齢別1日の亜鉛推奨摂取量

 

 

年齢

1日の亜鉛推奨摂取量

男性

18歳~69

10mg

70歳以上

9mg

女性

18歳~69

8mg

70歳以上

7mg

 

亜鉛の過剰摂取は銅欠乏、貧血、胃の不調など様々な健康被害が生じることが知られているため、耐容上限量は18~29歳の男性で40㎎、30~69歳の男性で45㎎、70歳以上の男性で40㎎、18歳以上の女性で35㎎と設定されています。

 

 

亜鉛量ばかりを強調するサプリメントに注意

 

亜鉛の過剰摂取は禁物です。過剰摂取してしまった場合、銅欠乏、貧血、胃の不調などが起こります。亜鉛入りサプリメントは、あくまでも日常生活で足りない分を補うためのものと押さえておきましょう。

 

通常の食事では、亜鉛の過剰摂取の可能性は低く、亜鉛入りサプリメントを摂る場合には飲み方に注意が必要です。海外製品の亜鉛入りサプリメントには亜鉛が大量に配合されている場合がありますので、過剰摂取にならないために、適量を守ることをおすすめします。

 

合同会社イシュメイルでは、広島産の牡蠣エキスと八重山で栽培した国産クロレラを調合した高品位サプリメントをご用意しています。亜鉛入りサプリメントの購入を検討している方は、各社の製品をご比較の上で、ぜひご検討ください。

 

亜鉛入りサプリメントの詳細はこちら

 

亜鉛は身体にとってとても大切な栄養素です。亜鉛が多く含まれる食品を、積極的に食事のメニューに取り入れることをおすすめします。普段の食事で摂ることが難しい場合は、亜鉛入りサプリメントがおすすめです。

ただし、性別や年齢によって1日の推奨摂取量は異なりますので、サプリメントを飲む場合は飲み方を変えることが大切です。

 

合同会社イシュメイルでは、クロレラや牡蠣エキスを使った亜鉛入りサプリメント「令和の広島かき」をご用意しています。牡蠣由来の亜鉛を中心に含有量を、必要にして十分な量(2粒あたり13.8㎎)にとどめ、牡蠣と相性の良い栄養素と自然素材を組み合わせた希少なサプリメントです。上記の推奨摂取量と耐用上限量の観点からも、1日あたりの用量用法を守って頂ければ、安全にご利用いただくことができるサプリメントです。

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集