合同会社イシュメイル

亜鉛の効果とは?

「亜鉛の効果が知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

 

亜鉛は、タンパク質の合成に関わる大切な酵素の材料です。しかし、亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントで摂取する必要があります。亜鉛は主に魚介類に多く含まれており、特に牡蠣やうなぎの亜鉛含有量は多いです。食事で亜鉛を摂ることが難しい方には、亜鉛入りサプリメントがおすすめです。

 

 

亜鉛の特徴・基礎知識

 

亜鉛は体内に2,000mgほどあり、タンパク質の合成に関わる大切な酵素の材料です。主に骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓にある成分です。

 

亜鉛 統合医療 情報発信サイト 厚生労働省 に次のように信頼できる記載があります。

 

亜鉛は、一部の食物に天然に含まれる必須ミネラルであり、食物によっては添加され、またサプリメントとしても販売されている。亜鉛は、風邪薬として販売されている多くの風邪用トローチや一部の市販薬にも含まれている。

亜鉛は、細胞代謝のさまざまな面で関与している。亜鉛は、約100種類の酵素の触媒活性に必要で 、免疫機能 、蛋白合成 、創傷治癒 、DNA合成、細胞分裂 に重要な役割を果たす。また、妊娠中、小児期、思春期の正常な成長と発達も支え 、適切な味覚や嗅覚に必要である。体には特別な亜鉛の貯蔵システムがないので、亜鉛を毎日摂取することは定常状態を維持するために必要である。

 

亜鉛は身体に必要なミネラルですが、体内で作り出すことができません。そのため、食事で摂取する必要があります。特にアルコール摂取によって体外に顕著に排出されるため、そうした方には亜鉛サプリメントで補うことをおすすめします。

亜鉛は、様々な身体の働きをサポートして正常に保つ役割があります。その他にも、タンパク質の合成、遺伝子情報を伝達するDNAの転写にも関わりがあるのです。

 

主に魚介類に多く含まれており、その中でも牡蠣やうなぎは亜鉛の含有量が多いです。また、肉類や藻類にも多く含まれています。

 

年齢を重ねると亜鉛が減少!?亜鉛が身体に必要な理由

亜鉛の働きや効果とは具体的にどのようなものでしょうか。

 

1.正常な味覚を保つ

 

味を感じ取る舌の味蕾という部分の細胞において、亜鉛は重要な働きを占めています。味細胞は短期間で細胞を次々生まれ変わらせているため、材料となる亜鉛が常に必要です。亜鉛を十分に補給することで、味蕾の働きを保つことができます。

 

2.髪や肌の健康維持

 

皮膚や髪は、タンパク質からできています。亜鉛には、タンパク質の代謝をサポートする働きがあります。皮膚や髪も代謝が速いペースで行われるため、亜鉛を積極的に摂ることで皮膚や肌を健康に保つことができます。
亜鉛は汗の中に多く含まれているため、スポーツをする方や体を動かす仕事の方ほど亜鉛が必要です。継続して亜鉛を摂取することを心がけていただきたいです。

亜鉛は年齢を重ねるごとに減少していきます。亜鉛は基礎代謝をサポートする大切な栄養素なので、いくつになっても健康的な生活を続けたい場合、一日の亜鉛の必要量を摂取するを意識するとよいです。

 

※「男女年齢別1日の亜鉛推奨摂取量」厚生労働省

 

弊社では、広島産牡蠣を使った本格志向の亜鉛サプリメント「令和の広島かき」を提供しています。本サプリメントには、ビタミンCの他、ヤエヤマクロレラを配合しました。ビタミンCには、亜鉛の吸収を助けるキレート作用があります。

 

 

ヤエヤマクロレラはユーグレナグループの八重山殖産によって栽培された国産のクロレラ原料です。

 

ヤエヤマクロレラは沖縄の八重山諸島の豊かな自然環境で培養されたクロレラです。

①亜熱帯の強い太陽光②ミネラル豊富な天然水③海風が運ぶ澄み切った空気の影響により、希少な国産クロレラの安定生産を実現しております。まさに、特殊な牡蠣エキスとコラボレーションするにふさわしい特級素材です。

 

クロレラは、植物性たんぱく質(アミノ酸スコア100:全20種のアミノ酸が全て一度に摂取可能、葉酸は全食品中2位の含有量)、ビタミン類(ビタミンDは全食品中1位で きくらげの11.3倍)、ミネラル類(鉄は全野菜類中で1位の含有量)、ルテインなどを豊富に含みます。

 

 

コメントは受け付けていません。

特集