Welcome

ニュース

2021-09-04 08:25:00

令和の書を掲げた菅総理が退陣するというニュースがありました。

 

 

皮肉なことに、退陣のニュースを受けて、東京株式市場の平均株価は前日比584円値をあげました。年末にも3万円を伺うという観測もでています。

世論調査以上のリアルを突きつけてくれるのが株式市場です。

 

 

政治は結果責任、頑張ったでは済まされません。特に現下のようなコロナという具体的危機において言い訳すら許されないです。

ふりかえると、菅総理にとってあの官房長官時代が一番輝いていた瞬間だったのかもしれません。

 

 

ついつい思いを馳せるのは、このような状況を令和天皇はどのような思いをもっておられるかということです。

国民主権の世において、統合の象徴としての公務をし続けるのは並大抵のことではないです。鍛えられた自制の精神が感じられます。

 

令和をどのような時代にしたいのか、決めるのは国民一人一人ですし、そうあるべきです。ただ、国民統合の象徴としての令和天皇の日々の姿勢に思いをはせるというのは。個人的には悪くないように思います。

新しい政治家にはそういう基本動作を、国民のために実践してくれる方であることを望みます。そのために最低限必要なのは国民に語りかける対話する力です。

 

 

令和の広島かきについて、このクオリティでこの価格は安い!というお客様のうれしい口コミが寄せられました。

より多くの方にこの有用な牡蠣サプリメントの効果を体感していただき、困難な時代における最低限の自己防衛に役に立てれば幸いです。