Welcome

ニュース

2021-08-02 22:15:00

ひさしぶりに広島に行ってきました。

 

↓ チチヤス

IMG20210729113035.jpg

 

 

前は頻繁に行っていたのですが、コロナ禍が進むことで積極的な訪問も控えなければなりませんでした

 

とはいえ、ふたたび生かきシーズンが始まる前に、いろいろ確認することがありましたし、

なにより皆さんが元気であることを確認できただけでも収穫でした。

 

私などはワクチンを打って体調を崩したのですが、本物の牡蠣を食べている皆さんは全く影響もなさそうです。

 

 

株式会社米分一(よねぶんいち)は、広島市の牡蠣業者の集積地である牡蠣うち通りにあります。

 

ここには、牡蠣専門の生産者や加工メーカーが複数あります。米分一は、生産者の米田海産の流れを汲む業者です。

 

IMG20210730170936.jpg

 

 

米分一の社長の米田直邦さんは75才になるのですが、夜も最後までつきあってくれました。いつも有難いです。

 

薬研堀の夜探索はそこそこに、長居はせず、ボランティアでボトルを入れる!?という作業に同行しました。困窮を訴えるママたちに感謝されました。

 

夏の陽気とは裏腹に、広島の夜の街も寒々としたものです。このまま社交の場が失われることは寂しい限りです。なんとか、吹きすさぶコロナの寒風に耐えてほしいです。

 

 

令和の広島かき は、米分一が追求する生かきの品質の哲学を継承しています。

 

米分一は、都内一流のスーパーを中心に極めて長期間にわたり納品を継続しているメーカーです。これまでも他社商品に変わることも稀にあったのですが、結局は消費者のお客様の支持でもどることが多いのです。大きさと味が違うというのです。

 

 

亜鉛系サプリメントとして、令和の広島かき は高圧酵素分解牡蠣エキス由来の亜鉛、ビタミンC で栄養機能食品を実現しつつ、ユーグレナのヤエヤマクロレラを処方するという大胆な組み合わせを実現しました。

 

 

まさに原価無視の製品でありながら、価格はちょっと手を伸ばせば買える価格に抑えています。ひとえに米分一の品質哲学を受け継いでいる故です。

 

 

これからも、米田氏が体現する米分一の名に恥じぬよう、牡蠣ベースの健康サプリの愚直な販売を頑張ってまいります。