Welcome

ニュース

2021-03-22 21:39:00

「令和の広島かき」は単に亜鉛量を追求した商品ではありません。重要なのは、牡蠣亜鉛にビタミンCと八重山クロレラを選定調合した点にあります。

 

ビタミンCは「皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素」であり、その効能については争いがありません。

 

ヤエヤマクロレラはユーグレナグループの八重山殖産によって栽培された高品質クロレラ原料です。ヤエヤマクロレラは沖縄の八重山諸島の豊かな自然環境で培養されたクロレラです。①亜熱帯の強い太陽光②ミネラル豊富な天然水③海風が運ぶ澄み切った空気の影響により、高品質のクロレラの安定生産を実現しております。

 

具体的には、強い日光を浴びているため通常のクロレラより、葉緑素が多いという特長を有しています。

また、これは意外に知られていないのですが、国産のクロレラというのは実は希少であり、通常出回っているものは海外生産のものが大半です。八重山クロレラは、まさに特殊な牡蠣エキスとコラボレーションするにふさわしい特級素材です。

 

 

八重山殖産のホームページhttps://www.yaeyamachlorella.com/chlorella/index.html

 

 

クロレラは、植物性たんぱく質(アミノ酸スコア100:全20種のアミノ酸が全て一度に摂取可能、葉酸は全食品中2位の含有量)、ビタミン類(ビタミンDは全食品中1位で きくらげの11.3倍)、ミネラル類(鉄は全野菜類中で1位の含有量)、ルテインなどを豊富に含みます。

 

 

これらの二つの素材は、体内への良質な亜鉛の吸収を協力にサポートする機能を有しています。